セルライトの種類を確認して、自分のタイプを把握してみよう

pig

セルライトの種類

ウエスト

正しい対策

太ったり不健康になったりしたら、他の人が行なっているダイエット法や健康食品を試してみる人が多いでしょう。 これはとても大事なことですが、あくまでも自分の対策に合ったものにした方が良いです。セルライトを例にとっても、4つも種類があるので、「この人には効果があったけど私にはない」ということはよくあるのです。 効率の良いダイエットをするためにも種類を把握しておきましょう。

脂肪の蓄積

セルライトといえばまず思い浮かぶのが、二の腕や太ももを大きくつまむと現れる肉の凸凹です。 これが一般的な脂肪型のセルライトであり、太ったことが原因でできてしまいます。糖質を取りすぎて栄養が足りなくなった上、必要な運動をしなくなると血管の循環がうまくいかなくなってこのタイプの凸凹ができてしまうのです。

繊維型は落としにくい

脂肪型は運動をすることで解消することが多いのですが、簡単な運動や食事改善で落ちないのが繊維型のものです。 繊維型だと肉をつままなくても肌の表面に凸凹ができますので、これができるとあまり肌を露出したくないと思ってしまう人もいるようです。しかも中々消えないので、長い間肌を隠した状態になります。お金をかけてでも、強いマッサージに挑戦した方が良いタイプです。

むくみ型と筋肉型

代謝が悪いとセルライトができてしまいますが、特に水分が排出されずに蓄積されるタイプをむくみ型といいます。水分はリンパに沿って排出されますので、むくみ型を排出して痩せるためにはリンパマッサージが最適です。 四つめのセルライトタイプは筋肉型となっており、あまりこのタイプになる人はいません。どんな人がなるのかというと、スポーツマンの人で急激に脂肪がついてしまった人にこのセルライトが起きやすくなります。